眼精疲労を改善するサプリメントとは?

眼精疲労かどうかをチェックしましょう

眼精疲労かどうかをチェックしましょう "眼精疲労とはいわゆる疲れ目のことですが、さまざまな原因が考えられます。
例えば、目そのものに異常がある場合もあれば、その他の身体の状態が悪い場合もあります。
また、精神的な要因であったり、体の異常ではなくメガネやコンタクトレンズが合わないこともあります。
さらに、現代人はパソコンやスマホのディスプレイを長時間見ることが多く、目を酷使しがちなことも原因となっています。
目に違和感を感じ、自分が眼精疲労かも知れないと思った場合は、以下の項目をチェックすると良いでしょう。
・目が重たい、乾く、かすむ、
・目がショボショボする、ゴロゴロする
・目の奥が熱い
・まぶたがピクピクと痙攣することがある
・パソコンやスマホをほぼ毎日のように4時間以上使う
・以前より明らかに視力が落ちた
・肩こりがひどい、肩が張る
・首筋や後頭部が痛むことがある
・頭が重い、頭に圧迫感を感じる
・頭痛や偏頭痛がする
・最近寝不足である
・満員電車やふとんの中、暗い場所、変な体勢で読書をよくする
これらのチェック項目に当てはまる状態や習慣が複数ある場合には、眼精疲労か、もしくはなりやすい可能性があるので気を付けましょう。

眼精疲労対策にはこまめなセルフケアを

近年では携帯端末やパソコン・各種ゲーム機などの普及に伴って、目を酷使する場面が増加傾向にあり、日常的な眼精疲労対策とセルフケアが求められています。
眼精疲労は目が疲れた場合を含めて発症する慢性的な症状の一種で、疲労によって目の周辺及び顔の筋肉が硬直し、大抵は血流の悪化と緊張性の痛みを生じます。
個人差こそありますが睡眠のみでは完治の難しい症状とされ、目のピントを調節する筋肉の機能低下や眼球の乾燥へ繋がる例も多く、放置しておくと視力が大幅に低下したり若いうちから老眼を発症する危険性を持ちます。
そのため、セルフケアを欠かさずに実施することが重要で、目と周辺を温めて血行を促したり、年齢と生活スタイルに適した目薬及び視力調整グッズを選択する必要があります。
また、ピント調整機能は同じ距離を見続けることで疲労を起こしやすい性質があるため、異なる距離の物体を見るように心がけておくと眼精疲労に伴う視力低下を抑制できます。