眼精疲労の原因と対策

目の疲れは放置するな:眼精疲労の症状原因

目の疲れは放置するな:眼精疲労の症状原因 パソコン作業や細かい手作業を繰り返していると、目がかすんだり頭痛や肩こりが生じやすくなります。
そんな症状は眼精疲労の一種です。目を使い過ぎたために疲労が蓄積してしまったのです。
なぜ、このような症状が現れるのかというと、目を使いすぎると網膜から脳に信号を送る伝達物質が不足してしまいます。そのため目が疲れたりかすんでしまうのです。
そして集中して仕事や作業をしているといつの間にか姿勢が悪くなり、その姿勢のまま長時間を過ごしてしまいます。
すると肩こりが生じたり、その肩こりから頭痛が引き起こされたりするのです。このような眼精疲労の症状を放置すると視力低下や眼病の原因となります。そのため早めの処置が必要です。
ではどのような処置や対処をすればいいのかというと、たまに目を休めたり揉みほぐしてマッサージするだけでも有効です。
また、かすみの原因である伝達物質の不足はアントシアニンを摂取することで回復させることができます。
眼病にならないためにも日頃からこのようなケアをすることが大切です。

目の疲れは放置するな:眼精疲労対策

最近文字がぼやけて見えてしまうことや、パソコンやスマートフォンなどを酷使し続けて、目のかすみなどに悩んでいる人が増えています。
また、目を酷使するあまり、瞬きをする回数が減ってきて、ドライアイに悩まされるという人もいます。
これらは目の疲れが原因で、ある程度目を温冷を交互に行うことで対策はできます。
しかし、目の疲れと眼精疲労を一緒だと考えている人がとても多いです。
これは医学的なことでもはっきりと違いがあります。特に眼精疲労は、目の疲れから来る頭痛や肩こりなど、全身へ影響があるので、目薬をしたり目だけに重視していると対策効果になりません。
実は、眼精疲労を早めに改善しておかないと、視力の低下を招いたり、老眼が早まることもあります。また眼精疲労は、首の血流が関係していると言われています。
大きく言えば、現代のスマートフォンやパソコンを見るために、猫背の姿勢を保ち続けていると、首の血流が悪くなるので、なるべく首に負担を掛けないよう、首を回したり背伸びをしてストレッチをしてあげることで対策に繋がると言えます。