眼精疲労を改善するサプリメントとは?

眼精疲労と整体について

眼精疲労と整体について パソコンを長時間やり続けていると目の疲れを感じます。
休息をとったら解消するような一時的なものであればただの疲れ目ということになりますが、更に続けていくことで目だけでなく脳も疲れていき、頭痛や肩こり・食欲不振・不眠など全身に症状が出てきたら眼精疲労です。
眼精疲労は目への負担が過剰になっているため、まずはパソコンをやめてしっかり休むことが大切です。
ただ、それだけでは症状はすぐにはよくなりません。
全身に症状が出てきている場合、長時間のデスクワークにより、首や頭や背中など体全体の筋肉が緊張して固くなっているのです。
それにストレスが原因で引き起こされている可能性もあります。
それをほぐすためにも自分でストレッチするのもよいですが、整体に通ってみてもよいでしょう。
整体で治療を行なうことで、デスクワークによって凝り固まった体がほぐれ、血行がよくなります。
頭痛や眠りが浅い方・ストレスを感じている方も頭のツボを刺激することで、すっきりと改善します。

眼精疲労にはストレッチが効果的!

パソコンやスマートフォンの使いすぎで、目がショボショボ、何となくピントが合わなくなってきたという方は少なくないはず。
眼精疲労というと、働き盛りのサラリーマンや受験生だけかと思いきや、今や目のトラブルは全ての年齢層に広がっています。
放置しておくと、視力低下や頭痛、肩こりの原因になるので、眼精疲労を感じたら、こまめにピント調節をするのが好ましいでしょう。
身体のこりをほぐすストレッチと同様に、目の筋肉のストレッチを取り入れるのが効果的です。
目のストレッチとは、目の周りの筋肉をほぐすこと、そしてピント調節をするという目的があります。
目を閉じたり開いたり、ぐるっと見まわしたり、近くと遠くを交互に見ることを繰り返します。
パソコン作業やスマホを使う時は、1時間ごとに10~15分の休憩をとり、目をしっかり休ませてあげましょう。
また、蒸しタオルを目に当てて、温めることで、血行が良くなり、よりストレッチの効果が高まります。