「眼精疲労」を予防・改善

目をしっかり休めて「眼精疲労」を予防・改善しよう!

目をしっかり休めて「眼精疲労」を予防・改善しよう! 近年ではパソコンやスマートフォンなどの普及により、眼精疲労に悩まされる人が非常に多くなってきています。
たかが眼の疲れといって軽くみていてはいけません。
眼精疲労をそのままほうっておいて、目をさらに酷使していると、今度は頭痛、視力低下を招いてしまうことがあるので注意が必要です。
作業に集中していると目が疲れていても気が付かないことがあるので、意識的に眼を休めることを普段から決めておかなければいけません。
眼精疲労は予防をすることによって防ぐことができるので、目が疲れたかな、と少しでも感じたら、いったん作業の手を休めて眼を癒すようにしましょう。
軽くまぶたの上からマッサージしたり、温めたり、遠くの景色を見るようにして、眼の疲れをとることをおすすめします。
とくに温めは血行が良くなるので、眼の疲れをとるには最適です。
蒸したタオルなどを眼をとじた目蓋の上にのせて、じんわりと熱が伝わるようにするといいでしょう。

ブルーベリーを食べて「眼精疲労」対策!

現代人は仕事やプライベートなどにおいてパソコンやスマホと言った、情報端末機器に触っている時間が非常に長いです。
またそれ以外でも瞳を使う場面は多いため、眼精疲労に悩まされている人は多いかもしれません。
眼精疲労は、ただ単純に目の疲れと言うだけでなく、その程度が酷くなると頭痛やめまい、吐き気、また肩凝りなどを引き起こすこともあります。
ですからできるだけ症状が軽い時点で、対策を講じることが望ましいです。
その対策のひとつとして効果が期待できるとされているのが、ブルーベリーを食べることです。
その理由ですが、これはブルーベリーに含まれているアントシアニンと呼ばれる色素の作用によるためです。
アントシアニンは、紫外線やブルーライトと言ったダメージによって発生する活性酸素、それに対抗するための抗酸化力に優れています。
そのため、これらの光によって瞳が受けたダメージを緩和、改善してくれることが期待できます。
更にアントシアニンには、物を見ることに大きな役割を持つ物質、ロドプシンの再合成を促進すると言う作用も持っています。
このような理由から、眼精疲労の改善にはブルーベリーを食べることが効果的だとされています。